admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりでっす!ほぼ1週間振りでごめんなさい(ぺこ
この1週間は実は交友関係でごたごた揉めてて…まぁ何とか昨日友達とは和解したんで良し(でも真剣にヤバかった…
…で、月が変わったので、以前一度だけやった有料アプリをもう一回ダウンロード。
名前は「ぼくとわたしの恋愛事情」。略して「ぼくわた」(笑
名前からしてもう怪しい感じがする方もいるかもですが…、ハイ、ばっちりBLです!!(爆
いや、主人公は女の子か男の子か選べるんですけどね…。なら男の子選択しないワケにはいきませんから(何
今回二回目という事で、今回はターゲットを絞り込んで一人ずつオトしていこうと(笑)攻略ページ見ながら日々頑張ってます。何しろ前回は友情EDしか見れなかったからな…。ラブゲージ100%は難しいです。
でもかなり面白いですよ!一度やるともーハマるハマる。アプリダウンロードして一ヶ月は同じアプリの再ダウンロードが無料なので、そりゃあ何度もやり直して確実にキャラをオトしてやろうと燃えますよ(ん?萌えますよ?笑
しかも…
しかも着ボイス取れるとか真剣に感動するんですけど!!
アプリ違いますが釘宮さんボイスのメイドさんキャラとかwアル繋がりで気になるじゃないか!
ちなみに私はぼくわたキャラで最も気に入ってる貴族(兼騎士?)のシグルドボイスを取っちゃいましたvv何せ、
「俺がいる。俺が守るから、もう怖くない」


やめてくれよシグ!!!

そんなぼくわたの携帯版サイトはこちら↓
ドコモ版:http://moekko.a-game.jp/
au版:http://renai.a-game.jp/
ソフトバンク版:http://moekko.a-game.jp/

こっちはパソ版↓
http://renai.a-game.jp/pc/


PC版公式サイト↓
http://renai.a-game.jp/pc/

続きを読むでシグルド編のネタバレ入りまーす。
※物凄い勢いでシグルド編の7日目ネタバレです。そして異常に長いです。本文の倍以上あります(ぇ
ご覧になる方は時間があるときに見たほうがいいかと…。
あと、ちなみに私の主人公の名前は「カケル」くんです。あしからず。

私の本命は初めてのプレイからずっとシグルド…!なのに、その時はラブゲージ72%止まりで、しかも一番仲良くなったのがクラウス…(正直、私クラウスさんにはほとんど興味なくやってたんで、最後ラブゲージが94%位まで上がってた時は何か何故なのか分からない故の妙な脱力感に見舞われました…。本当なんでだろ…?
その為シグルドの事がどうしても忘れられなかった為、今回は攻略ページに頼ってシグルドオトしに掛かりました。
で、聞きたいんですが、
7日目の彼のあの異様な発展振りは何がどうしたんですか!!
前のプレイ時にも森でシグカケに異様にときめいたんですけど、ってかあのフルスクリーンで主人公を抱きかかえるシグに床を叩いて悶えてたんですけどその後まさか教会まで上がりこんできたなんて知らなかったよ!!!
いやー真剣にシグさんの愛に感動。
部屋での二人の言動もかなりグッジョブでした。
『シグルドが立ち上がって俺のことを抱きしめた。
シグさんナイス!!
『抱きしめてくる手がゆるんで、手のひらが俺の頬を包んだ』
その調子だシグルド!!
『抵抗するより先に、顔を上向きにすくい上げられる。』
…。
…え、えっ!!??
シグルド「カケルを前にすると、俺は何もかも暴かれる。おまえに会うまで、俺は、俺の中にこんな気持ちがあるなんて気づかなかった。おまえをこうして、いつまでも俺の方だけ向かせておきたいと思うなんて。」
…えっ、あっ…。
あ、
押し倒しキターーーー!!!!
おい展開速いじゃないかシグルドくんww
しかも押し倒し絵フルスクリーン。じっくりご堪能あれvって事ですか。言われなくても分かってますよそれ位(お前は何だ
さらにシグルドさんの勢いは加速します。
「おまえじゃない。シグルドだ。呼んでみろ」
もう止められません。
ってかシグ鬼畜?へタレじゃなくて実は隠れ微鬼畜??押し倒したまま「俺の名前を呼べ」って、アンタどんだけだよ!!しかし直後、
「俺の名前は滅多に呼ばない癖に、クラウスの事は呼ぶんだな」
……嫉妬?(´Д`)!!??そうか、遂に嫉妬するほどカケルが好きになったのねシグルドさん。
カケル「お、俺がクラウスを呼ぶと、どうしておまえがムカつくわけ…!?」
シグ「いいから、…呼んでくれ」

有無言わせねぇのかよ!!強引ですね。
カケル「…シグ」
『名前を呼ぶ。全部呼べなくて、二文字だけ。たったそれだけなのに妙に恥ずかしくて、俺までどうかしそう。』

そのままどうかしてしまえ!!(ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸(大爆
いやコレ凄いな、完全にBLまで発展しましたよ、私もう感激ですよ。
カケル「もう、いいだろ。どいて…」
シグ「帰したくない
いやそこあなたの家じゃないから!!とリアルタイムで携帯の画面を見ながら突っ込みますが、カケルくんも突っ込む余裕なし。
カケル「え…?」
シグルド「これだけのことで満たされている自分が信じられない…。やっと分かった。おまえを側におきたい。なのにカケルは俺の手をすりぬけて、自分の国へ帰ってしまう。」
やっと告ったのねシグルドいやーまだ告ってないとは思えない状況で物語が進行してますね。私幸せで今ほくほくですよvv
カケル「シグ、ルド」
駄目!そういう名前の呼び方私物凄い弱い!!(例:葉くん「……ハオ?」・キョウ「ルー、シェン」。こういう短い名前に句読点やら何やら意味ありげな…があると無性に悶えます。もはや末期)
シグ「こんなに何かを願ったことはない……。だが、どんな願いよりもかなわない」
『胸が痛んだ。そう、俺はもうすぐ向こうの世界に帰る。』
シグ「おまえが目の前から消える日が怖い。おまえのことが、好きだ。でも、どうしようもない。」
再度告白。でも、今度はあんまりにも悲しいな。せっかく告白しても、カケルくんは明日になったらいなくなっちゃうなんて。
『好きだ、ってうわごとみたいに繰り返して、シグルドは力任せに俺を抱きしめた。逃がさないと言いたげに。いつだってまっすぐに背筋を伸ばしていた男が、この国で誰よりも強い騎士が、今は俺にすがりつくような格好で少し震えてた。こいつでも怖いなんて思うんだ。』
「シグルド…」
「カケル…」
「俺、今はここにいる。シグルドの目の前に…ここにいるよ。俺を見て、言えよ」
「好きだ…誰より」
ああ……
誰かこの二人を救ってくれ!!
っていうか二人でイチャコラさせてやってk(終了

こんなお互いに愛しさ120%増量中なのに明日になったらどうなるんだ!!
見たいと思った方はご自分で確かめてあげてください。私もまだこれからだし。


…っていうか文章全部写す必要なかったよな…。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 かくれにっき。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。